外装

01 リフォーム


外壁リフォーム


  • 外壁塗装
  • サイディング
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • 雨樋交換玄関周り・その他

外壁塗装

外壁は現在、モルタルに塗装、ALCに塗装、サイディングなどの素地があり、どの素地にも防水効果を得るために塗装を施す必要があります。 アクリル形→ウレタン形→シリコン形と進化し、耐久性も昔に比べ増してきました。現在、新築などを購入したり建て替えた場合、建物本体は35年以上長持ちするため、いかに塗装などに掛かる費用を減らすかです。 コスト削減には、次世代の塗装として、長持ち15年のフッ素形や20年相当の光触媒の塗装やコーティングがおすすめです。 contact_kotira

サイディング


サイディングとは、多くの住宅の外壁として使用されている外装材。耐久性が高く軽量なので、リフォームに向いています。建物の外観は、住む方の顔!サイディングと言っても様々な種類や柄があり、また無塗装品から工場でプリントしてある物など数多く存在します。よく「サイディングって塗装が必要なの?」という質問を頂くのですが、現在の技術で紫外線に勝てる塗料は残念なことに「0」だと思います。建物の外装は、1年365日雨風に当たって紫外線を受ける訳ですから必ず お手入れは必要になってきます。その中でも当社がお勧めの製品は、光セラなるサイディング。表面にセラミックコート剤を採用しているため、メーカーのデーター上 20年はもちます。また、その他メーカーの光触媒のコーティングを施工するのもお勧めです。

屋根塗装


もっとも紫外線に当たり表面が劣化するのが早く、お手入れも大変なのが屋根。コロニアルやUかわら等はお手入れをしないとカビの発生の原因になります。このままほおっておくと素地を保護している塗膜の防水効果が無くなり、次第に雨漏りにもつながります。 contact_kotira

屋根葺き替え

長持ち屋根材コロニアル 地震の際建物への負担を軽減する

4-1_23コロニアルは軽量かつある程度の断熱効果もあり、外観もスッキリして価格も手頃というのが魅力。現在の建売住宅の半分以上に使われているコロニアルは、一般アクリル塗料で仕上げている屋根材が多く7年〜12年位の間に塗り替えが必要になってきます。コロニアルの中でも当社がお勧めの製品は、クボタ松下電工のグラッサシリーズ。 屋根材のコーティングには、紫外線に強い独自のグラッサコートを採用しているため、メーカーのデーター上20年相当は安心。時が経ってもなお鮮やかな発色と光沢を保ち、住まいの「美」に対するあなたのこだわりを満たします。

雨樋交換

雨樋の多くは塩ビ製。長年使用していると退色や雪などの影響で壊れてしまうケースが多々あると思います。そんな中、当社では最近アルミ製の角樋をお勧めしております。アルミ製の雨樋は塩素ビニールに比べ頑丈で軽く、見た目もスッキリしています。
当社では特別価格3,400円/m(軒樋、たて樋、金具とも)で施工しております。
色は(ブラック・グレー・ホワイト・ゴールド)の4種類
yane

玄関まわり・その他

玄関まわりや土間・タイル・門扉やカーポートなど様々取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。

contact_kotiracontact